建物の外壁塗装に加え屋根の塗装も実施しており依頼があった和歌山近隣エリアへ出張

お問い合わせはこちら

和歌山の外壁塗装・株式会社竜成の評判

拠点の和歌山近くで外壁塗装と屋根塗装を一緒に施工可能

和歌山の外壁塗装・株式会社竜成の評判

塗装というと建物の外壁塗装ばかりを思い浮かべる方も多くいらっしゃいますが、実は屋根にも塗装が施されているのです。屋根は外壁部分に比べて雨風や紫外線を直接受ける場所であり、塗装の劣化も外壁部分よりも早く進みがちです。屋根の素材によっては屋根塗装の必要がないケースもあり、屋根の種類も一長一短です。
そしてその屋根塗装や外壁部分を塗り直すにあたっては足場の施工が必要不可欠であり、和歌山を拠点にこれまでは足場工事をメインに受注してまいりました。


建物の外壁塗装と屋根塗装が大切であり和歌山で依頼を受付中

建物において、外壁部分の塗装と同じように屋根部分の塗装も耐水性・耐候性の役割を担っていて、建物全体の劣化対策に大きく貢献しています。特に屋根は側面の外壁以上に直接雨・風・紫外線の脅威にさらされてしまうため、外壁用以上に高い耐久性を必要としています。その防水性も屋根の内部の防水シートと相まって堅固ながら、特に大切なのはその耐候性です。
紫外線を受けると、屋根や外壁には手で触ると白く汚れるチョーキング現象が起こったり、クラックというひびが入る原因になったりもします。特にクラックは雨水が防水シートに直接当たるようになり、その状態では防水加工が突破されるのも時間の問題でしょう。そのため、屋根も外壁と一緒に定期的にメンテナンスすることが大切です。塗料の塗り直しにはどちらも足場の組み上げが必須のため、屋根と外壁を一緒に塗り直すことでその1回分の足場工事費用が安く済むのでおすすめです。

屋根塗装劣化サインは外壁塗装にも通用し和歌山でプロが検査

前回の屋根の塗装後10が経過しているか否かにかかわらず、下記の五つのサインが出ていたら塗装の塗り替え時となっていると判断できるので、可能な限りは目に施工会社へ依頼されることをおすすめします。まず屋根塗装の劣化の第一段階である「色あせ・チョーキング」、屋根の色あせや塗装面の白っぽさが目立ってきた際にはこの第一弾下に入っていると考えても差し支えありません。続いて「コケ・カビ」が徐々に目立ってきます。塗装にはこのコケやカビを防ぐ効果があるため、それが失われている紛れもない証拠です。
続いて「屋根のひび割れ・ズレ」が発生すると雨水が防水シートに到達するのも時間の問題で、雨漏りに繋がってしまっては建物の耐久性に大きく影響するのでそうなる前に対処が必要です。さらに劣化が進むと「塗装面の剥離現象」や「屋根そのものの破損」という段階に進行してしまい、こうなってからでは修理費用も大きくかさんでしまいます。

大切な建物の外壁塗装時の足場工事も和歌山で受注しています

ほとんどのケースにおいては塗装時に手が届かない箇所が出てくるため、外壁塗装・屋根塗装においても足場の組み上げ工事は必須の工程です。これまでは和歌山県を拠点にこの足場工事を主軸に事業を展開してきたものの、事業拡大に向けて外壁部分の塗装業にも今まで以上に力を入れ、受注数を増やしていければと考えています。
元々の主軸の施工業務のため、塗り替え時の足場の組み上げもいっぺんに請け負います。足場は現場の作業員がどれだけ安全に作業できるか、同時にどれだけ効率よく作業できるか、この施工における環境面を支える非常に重要な部分です。その足場工事のプロである鳶職人が、お客様の建物に傷を付けることなく迅速に足場を組み上げてまいります。個人様向け以外にも法人様向けの足場工事もこれまで通り随時受付中のため、マンションや公共施設などといった大型の建物のリフォームや新築工事の際にはお声がけをお待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。